• ホーム
  • もしものためにアイピルを常備しておく

もしものためにアイピルを常備しておく

アフターピルは性行為の後に服用するタイプの避妊薬です。
緊急的に使用するにはうってつけの薬で、女性の妊娠に対する恐怖心を解消していくことができます。
もちろん、アフターピルを服用したからと言って絶対に妊娠しないのかと言われればそうではありません。
アフターピルを服用しても妊娠してしまうケースはでてきます。
ただ、これはごく一部の例であって、正しい飲み方でアフターピルを服用すれば、高い確率で避妊を成功させていくことが出来ます。

こうしたアフターピルは日本の場合、安全性を考慮して医療機関で処方されることになります。
アフターピル自体は市販されているような薬ではないため、その入手方法には注意が必要になってきます。

避妊に失敗したときやレイプなど強制的に性行為に至ったときなど、女性にとっては妊娠の不安がどんどんと増していきます。
それこそ、排卵日の前後にレイプなどの犯罪に巻き込まれてしまえばその恐怖は想像しえないものとなります。

そういったときにアフターピルが活用されるわけですが、アフターピルの中でもとりわけ有名なのがアイピルです。
アイピルは日本でも避妊の最終手段として用いられることが多いアフターピルで、実際服用したことがあるという人も少なくありません。
中にはもしもの時のためにとアイピルを普段から持ち歩くという人もいるほどです。

もちろん、アイピルをはじめとするアフターピルは普段の避妊方法とは違い、最終手段として用いる方法です。
アフターピルによる体や精神への負担は決して少なくはないため、性行為のたびに毎回使用するという代物ではありません。
ただ、アイピルを常備しておくだけでも女性にとっては安心感は高まりますし、もしものことが合っても中絶手術にまで話が進まないという点が大きなメリットとなっていきます。
アイピルは通販サイトでお手軽に入手することができます。
まとめ買いすると安くなるケースもあるので、通販でアイピルをまとめ買いしておくことを推奨します。

まずは、より安全な形で性行為後の避妊率を高めていく工夫が大切になってきます。
女性が自らできる避妊方法でもあるので、アフターピルについてはしっかり押さえておきましょう。

中絶手術を避けるにはアイピルで妊娠回避しよう

先に挙げたように、アイピルをはじめとするアフターピルの存在は中絶手術のリスクを軽減していくことが出来ます。
そもそも、中絶手術となれば女性が受ける負担が格段に大きくなります。
手術によって身体的負担を負うことになりますし、一度子供を堕胎しているとなればその罪悪感からひどく落ち込んでしまう人もいます。

レイプなどの性犯罪に巻き込まれたというケースであれば、中絶手術も致し方ないと判断されるでしょう。
ただ、性犯罪による精神的負担にプラスして中絶手術のストレスがかかってしまうとなればそれこそ女性の身体が心配です。

こうした悪循環を防ぐためにも、もしもの時のためにアイピルを常備することは大切になってきます。
もちろん、避妊に失敗しない、そして性犯罪に巻き込まれないに越したことはありませんが、万が一の事態にも迅速に対応していくことがポイントとなってきます。

特に、アフターピルは性行為があってからできるだけ早くに服用した方がその効き目が強くあらわれるとされています。
つまり、普段からアフタピルを持ち歩くことを心がけていれば、もしも事態にも対処できるというわけです。

アフターピルの効き目があったと分かるまでには不安は募りますが、それkでもその後、生理が訪れればその時点で妊娠は避けられたのだと判断することが出来ます。
寧ろ、何もせずにそのままの状態を放置することで望まぬ妊娠をしてしまう、そしてその後に中絶手術にまで話が進み、余計な心労が重なる方がデメリットの多い方法といえます。
中絶手術はその周期によっても多少変わってきますが、ある程度まとまった費用が必要になります。
アイピルであればその費用も軽減できるため、持っておくに越したことはありません。