• ホーム
  • ピル21錠と28錠の違いと服用方法

ピル21錠と28錠の違いと服用方法

初めてピルを飲み始める時、様々な種類のピルの中から自分に合う種類のピルを医師と相談しながら選んでいくことになります。
その際、同じ種類のピルであっても1シート21錠のものと28錠のものがあることに気付くのではないでしょうか。
その錠数の違いは一体何でしょうか、そしてもし違いがあるとするならばどんな事なのでしょうか。

実は、この錠数の違いは「プラセボ錠」のあるなしです(プラセボ錠は偽薬ともいいます)。
この錠剤には普通のピルとは違い、成分が含まれていません(成分が入っているものを実薬といいます)。
28錠のものであっても7錠はプラセボ錠となっていますので、実際に成分が含まれている実薬は21錠です。
ですから、21錠のものも28錠のものも1シートに含まれているのは全く同じ量、同じ成分のものになっています。

ではなぜ、28錠の方には成分的には意味のないと思われるプラセボ錠がわざわざついているのでしょうか。
それぞれの服用方法をみていくとその意味が分かります。
ピルを飲むときには必ず休薬期間を7日間設けます。
この休薬期間の前後に生理のような消退出血がはじまり、周期がリセットされるのです。
プラセボ錠は7錠、と言いましたが、これはこの休薬期間の7日間分に相当します。

1シート28錠の場合は、21錠の成分入りの実薬を飲み終えた後、休薬期間でも普段と変わらずプラセボ錠を飲み続け、飲み終わったら次の日からすぐ次のシートに移り、実薬を飲み始めることになります。
プラセボ錠は仮に飲み忘れてしまったとしても成分は含まれていませんので、気にしなくても大丈夫です。
1シート21錠の場合、休薬期間を自分でカレンダーチェックをする必要があります。
21錠飲み終わった後7日間ピルを飲まず、8日目に次のシートに移ってピルを再度飲み始めるという方法です。
ここでの注意点は飲み忘れを防ぐために、自分でこの休薬期間をきちんと管理しなければならないという事です。

毎日飲むことを習慣づけるなら28錠のピルが安全

服用方法を比べてみて、「毎日ずっと飲み続ける28錠」と「飲まない期間を設ける21錠」、という違いがおわかりいただけたでしょうか。
28錠なら期間を気にせずとにかく毎日ピルを飲めばいいので、管理がしやすく、休薬期間前後の飲み忘れを防ぐことができます。
それに比べると21錠のピルは自分でカレンダーチェックをして、休薬期間の管理をすることが必要なので、7日間の休薬期間が終わった後の飲み忘れをしやすいのです。

実は、この飲み忘れには大きな注意点があります。
ピルを飲み忘れたり服用をやめたりすると、身体はそこから生理周期を再開しようとします。
特に休薬期間はピルの成分が身体の中からなくなっていきますので、新しいシートを飲み始める直前はピルの周期の中でも特に通常の排卵前の状態に近くなっているのです。
「飲み忘れをどれだけしないようにするか」、特に「最初の1錠はいかに忘れずに飲むか」ということの重要性が分かっていただけたでしょうか。

初めてピルを服用し始めるという人は、同じ時間にピルを飲み続けるという習慣がまだ確立されていませんので、習慣ができている人に比べると飲み忘れることが多いものです。
まずは28錠で服用期間に間をあけないことでピルを飲む習慣をつけるようにする、というということが必要なのです。
また、習慣が付いてきて慣れた方でも飲み忘れをしてしまうものです。
また、休薬期間がいつから始まったのか記録をつけ忘れてしまう心配もあります。
28錠ならカレンダー代わりにもなりますので、いつ休薬期間がはじまったのかということをわざわざ記録せずにすみます。

成分的にはほどんど意味のないと思われる7錠のプラセボ錠には、飲み忘れを防ぐという大事な役割があるのです。
自分に合った種類のピルを飲み忘れることなく、ピル本来の力が発揮できるように服用しましょう。