• ホーム
  • 一番服用されているトリキュラーの特徴

一番服用されているトリキュラーの特徴

トリキュラーとは世界中で使用されている低用量ピルのひとつです。
避妊を希望している時はもちろん生理周期の異常や生理以外で出血がある不正出血、更年期以降のホルモン補充が必要な時の治療にも使われます。
ネット通販からも購入でき、体への負担が少ない三相性タイプの低用量ピルとして人気があります。

トリキュラーはホルモン量を変化させることで避妊作用を得る薬ですが、三相性タイプは3段階にわけてホルモンの量を増やすため体に負担が少ないという特徴があります。
女性が本来持っている自然なホルモンバランスにより近くなるように変化させるため不正出血がおこりにくくなるというメリットがあります。
そのため初心者が使いやすいピルとしても注目されている薬です。

トリキュラーの入手には、病院で直接処方してもらう方法やクリニックのホームページからオンライン処方を行う他に、ネット通販や個人輸入があります。
避妊目的での薬の処方は基本的には自己負担となりますが、信頼度の低い安い場所で購入することは安全面でおすすめできません。

病院やクリニックでピルを処方してもらうメリットとしては医師の指導のもとで薬を服用できるという点です。
不安がある場合でも医師の経験や知識をもとに判断してもらえるので一番安心して薬をつかえる方法といえるでしょう。
初心者ではじめてピルを使うという方にはこちらがおすすめです。
ネット通販は自分の体にトリキュラーが合っているかを確かめてからの使用すると良いでしょう。

トリキュラーは用法用量を守って使用すれば高い避妊確率を得られる薬となっていますが性病が予防できるわけではありませんので誤解しないように注意しましょう。
すでに他の薬を服用中の場合には飲み合わせによっては注意が必要なケースもあります。

トリキュラーは飲み始めは頭痛や吐き気などの症状がでることもありますが、服用し続けることで体が慣れて副作用が落ち着くことが大半です。
副作用の症状が強いケースやなかなか体に合わない場合には最寄りの病院に相談しましょう。

トリキュラーは初心者が使いやすいピルとなっている

トリキュラーはドイツ製の28錠タイプのものとインド製の21錠タイプの2種類があります。
28錠タイプに含まれる白色7錠が含まれていてこれは薬を毎日飲む習慣がない初心者が飲み忘れを起こさないよう工夫された偽薬となっています。
偽薬でも薬を飲むことに抵抗がある方は21錠タイプのものを選ぶと良いでしょう。

トリキュラーは服用方法が特徴的となっています。
避妊の作用を得るためには毎日決められた時間に定められた順にしたがって飲む必要が出てきますのできちんと守ることが大切です。
トリキュラーを飲み始めるタイミングとしては生理が始まった日から1錠目を飲み始める方法と生理が始まって最初の日曜日から飲み始める方法とこの二つを待たずにすぐ飲む方法があります。

避妊作用がすぐに得られ一番確実だと言われている方法は生理中が始まったら飲み始める方法と言われいます。
生理中は卵巣が排卵を準備している時なのでこの時期にトリキュラーを使用することで卵巣を休ませ排卵を抑制しやすくできます。
そのためこの方法が一番確実だと言われています。
この方法のメリットとしては生理周期を一定に保てるという点もあるので初心者の方には特におすすめです。

その他の2つの方法は薬を飲み始めてから避妊の作用が出るため1~2週間程かってしまいます。
薬を飲んだからといってすぐ効き目がでるタイプの薬ではありませんので、コンドーム等を使用した避妊方法も併用しましょう。

トリキュラーの購入方法は病院で処方を受けるほか、ネット通販を利用するという方法もあります。
ネット通販では安価にトリキュラーを買うことができるのですが、徹底した自己管理が必要で副作用が出てしまった場合のことも考えておかなければなりません。
副作用が出てしまったときには、すぐに病院にかかることができるようにしておくなどの対処をとれるようにしておきましょう。
また副作用と思われる症状が出た場合には産婦人科などに早めに相談をして下さい。

人気記事一覧