日本はピルの浸透が遅い

日本はピルの浸透が遅く、ピルを使わずに男性用避妊具のコンドームで避妊をしている男女が多くいます。
コンドームだけでは確実な避妊方法にはならず、妊娠する可能性を高めてしまいます。
欧米ではコンドームをつける避妊よりピルのみを飲む避妊や、ピルを飲んでコンドームもつけて避妊するなどコンドームのみの避妊はあまり行いません。
ピルはきちんと飲んでいればほぼ100%妊娠を防ぐことが出来ます。

日本でピルの浸透が遅いのは性行為は男性からするもので女性が好き好んでやる物では無いという先入観があるです。
古い考えを持っている男性は、今でも性行為は女性からではなく男性からする物だと思っていたり、女性の中でも性行為は汚いものというイメージを持っている人が多く、ピルを飲んでいる女性は避妊具をつけない性行為が好きな女性だという偏見を持つ人も多くいます。
そのようなイメージを持っている人が多くいると簡単にピルを飲んでいると言えなかったり飲むハードルが高くなってしまい、ますますピルの浸透率が遅くなっていってしまいます。

ピルは値段も安価ではないので、経済的に余裕が無いと買えない場合もありますがそれは男性用避妊具のコンドームでも同じ事です。
妊娠を望んでいない性行為をするわけですから、妊娠する可能性を考えたらコンドームをつけるだけでは不十分であり女性の体のことを考えたらピルを飲む方法が一番最善です。

性の解放はあまりよく思われていませんが、セックスレスで悩んだり離婚する夫婦が多くなっているのも事実で性行為はただ子供を産むためにすることでなく昨今では夫婦間の大切なコミュニケーションになっているので、きちんとした避妊はとても大切になっていきます。
セックスレスは夫婦間だけでなく、カップルの間でも起こりうることで性行為は今ではコミュニケーションとしてとても大切なものになっています。
性に対する偏見を無くしきちんとした知識をつけることが大切です。

日本は世界で一番、中絶が多い国?

日本は世界でも中絶手術が多い国です。
キリスト教では性行為を結婚前に禁止していたり避妊をする性行為や中絶手術を禁止しています。
それによりキリスト教徒が多い海外では中絶手術の数はそれほど多くありません。
日本は世界一中絶手術が多い国だと聞くこともありますが、アメリカのGLCの報告書によると1921年から2015年までに行われた中絶手術の件数では世界一は中国で日本は第五位になっています。
日本で中絶手術が多く、許されているのは宗教の関係や命の重さを実感していなかったり命よりも経済的な事を重要視するからです。

インターネットが増えて、インターネットは生活の上で欠かせ無いものになってきているので性に関することについて触れる機会も多く、性に対するものも簡単に目に入ってくるので援助交際や性風俗に対する敷居も段々低くなってきています。

日本で中絶手術が多い理由は性教育が不十分であるからです。
家庭で親から子供へ正しい避妊法や性教育をすることも大切になっていきます。
性行為をする年齢も段々若年化してきていて、援助交際や中学生の時に経験するという人も多くいます。
日本の学校では必要最低限のことしか取り扱いません。
海外では学校でコンドームを配ったり、家庭で避妊についてしっかり教えます。
子供に赤ちゃんはどうしたらできるのか聞かれた時に誤魔化さず、きちんと説明する事が大切です。

日本では中絶手術は刑法で禁止されているのですが、母体保護法の規定に則っている場合は中絶手術は合法になります。
母体保護法には、暴力や脅迫で妊娠してしまった場合や経済的理由によって育てられない場合などが含まれます。
子供は欲しいが経済的理由で育てられないので止むを得ず中絶手術を選ぶケースが一番多くなっています。
望まない妊娠を防ぐ為にもしっかりとした避妊をする事が大切です。

人気記事一覧